グリーンスムージーのオススメの飲み方はどんな方法があるの?

グリーンスムージーは、一日に大体1L飲むのが理想的であるといいます。

 

この1Lをどのように飲むのか?それは自分の生活スタイルに合わせて決めることができます。

特に決まりはありません。

 

でも学校や仕事があるとどんなふうに飲もうか迷うこともありますし、また美容やダイエットに効果的に飲むためにはどのようにしたらいいのかということは迷うところです。

 

そこで今回はグリーンスムージーのオススメの飲み方をご紹介します。

 

グリーンスムージーのオススメの飲み方は大きく分けて2つあります。

 

その一つは朝、集中して飲むこと。

朝食の代わりにグリーンスムージーを摂取して置き換えダイエットするという方法です。

 

朝は眠りから覚めた状態。

この状態でグリーンスムージーを摂取すると吸収率が良いですし、体の活性化にもつながります。

 

また朝の置き換えをすることで、一日の摂取カロリーを抑えることが可能です。

朝置き換えをすると日中お腹が空いて辛いのでは?と感じるかもしれませんが、朝食と昼食の時間の間隔は短いので、朝食を置き換えても昼食まで我慢しやすいのです。

 

置き換えをするのはダイエットには効果的だけれど、辛いという人もいますね。

そんな時には、毎食前グリーンスムージーを摂取するのがおすすめ。

食前にグリーンスムージーを摂取すると空腹感が紛れます。

そのため食べ過ぎを防ぐことができます。

 

またダイエットをする時には、血糖値というのも重要な問題。

食事でいきなり糖分の高いものや高カロリーのものを取ると急激に血糖も高くなりますが、始めにグリーンスムージーを摂取していると、血糖のあがり方が緩やかになるのです。

 

そのため脂肪のつきにくなる環境が出来るのです。

 

このようにグリーンスムージーは目安となる量は決まっていますが、飲む時間に決まりはありません。

また飲む量も多すぎれば調整すればいいので、自分の生活スタイルに合わせて決めることが出来るのです。